住宅ローンの借り換えについて

(2011年09月13日)

 
 今回は住宅ローンの借り換えについて考えてみたいと思います。
 
住宅ローンの借り換えが今、チャンスと言われています。
長期金利の低下や金融機関の激しい競争などで、住宅ローン
金利がずいぶんと下がってきたからです。
 
当事務所の相談者の方でも、見直す余地がある場合が多々
あります。
 

 
どうして今までやらなかったのか聞いてみると…
 
   自分のローンの金利が高いなんて思っていなかった
 
   借り換えは諸経費がかかるので検討しなかった
 
 
   完全固定金利で借りているので、見直すなんて思いも
よらなかった
 
   手続きが面倒だった
 
 
上記のようなことをおっしゃる方が多い印象です。
 
 
 
順に解説していきましょう。
 
   自分のローンの金利が高いなんて思っていなかった
 
これは変動金利で現在借りている方からよく耳にします。
変動金利は経済情勢に合わせて変わりますので、「金利の
安い時は安く、高いときは高い。今は低金利情勢なので自分の
も安いだろう」という理屈です。確かに変動金利の理屈はそう
ですが、時代に合わせて変わるのは基準金利です。
 
通常、金融機関は基準金利から「○%優遇(簡単に言うと金利の
値引き)」して融資をします。ちょっと前まで値引きは0.5%とか
そんなものでしたが、今は1%は当たり前、中には1.6%優遇
なんていうものも登場しています。
 
 
そうなると、たくさん値引きをしてくれるところに乗り換えるのも
大事な家計防衛策なのです。
 
 
 
   借り換えは諸経費がかかるので検討しなかった
 
冒頭に書いたとおり、今金融機関では住宅ローンの激しい競争が
起きており、中には諸費用をかなり低く抑えたローンも登場して
います。
今現在まとまった現金がなくても、やっぱり検討はしてみるべき
なのです。
 
 
 
 
   完全固定金利で借りているので、見直すなんて思いも
よらなかった
 
完全固定のメリットは返済終わりまで、毎月の返済額が変わら
ないのがメリットですが、デメリットとして高い金利で借りた場合
には高い支払額で固定されてしまうことです。
そういう意味では「固定だから見直さない」というのは大間違いで、
今の完全固定商品と比べてどうなのか常にアンテナを張っておく
必要があります。
 
 
 
   手続きが面倒だった
 
これはご本人のやる気しだいなので、なんとも言いがたいですが、
試算結果などをお見せすると、本当に皆さん金額の差に驚かれます。
どうしてもお仕事などで手続きが進まないときは当事務所が
お手伝いしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
最後に、借り換えの時に使うと便利なサイトを見つけたのでご紹介します。
 
「ズバット住宅ローン」というサイトです。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
 
借り替えたら諸費用も含め、今と比べてどうなるのか金融機関ごとに
簡単に試算ができます。試算してから手続きを始められるので
無駄足を踏むことが内容に考えられています。
 
そのまま審査書類の依頼もできるので、家に居ながらにして借り
換え手続きをスタートさせられます。
 
ネットバンクを選ぶと、金利も比較的安く設定されており、お店に
出向かなくていい金融機関も多いので、割と楽に借り替える
ことができます。
 
 
 
 
相談をご希望の方は、随時承っていますので、お気軽にお問い合わせください。