黒字でも倒産?そうならない為には②

(2011年02月15日)

 ■資金繰り表を作ってみよう④
この表から何が見えるのか
資金繰り表を作るということは会社のお金の流れを知るということです!
会社は仮に一時的に損失が出てしまったとしても、資金さえショートしなければ
倒産しません。逆にいくらたくさんの売上をしても、その売上代金が速やかに
回収できず、仕入れによる支払ばかりが先行してしまうと、たちまち資金ショートし、
いとも簡単に会社は潰れてしまいます。

よく事業上のお金の流れを人間の血液の流れと同じなどと例えたりします。
お金の流れが止まってしまうと、会社は死んでしまうのです。
そうならないために、無駄な支払がないか?受取期日や支払期日に
改善の余地はないか?を考えることが大切です。
資金繰り表を作ることが経営改善につながるのです。