いろいろな人とかかわりをもつ

(2011年02月26日)

良い出会いを作り出すためには、
自分で決めることが大切です。
誰かに決めてもらおうとしている限り、
他人に依存している限り、
自分が望む人と出会うのは難しいといえます。
 
じゃあ、なぜ自分で決められない人が
こんなに多いのでしょうか。
今日は、いろいろな人とのかかわりをもつ
ということについて話をします。

自分で決めたら、決めた結果が
うまくいかなかった時、
誰にも責任転嫁ができません。
なぜならば、すべて自分で決めたのですから。
 
つまり、うまくいかなかった時の責任は
それを決めた自分が取るしかない。
その覚悟ができていないと、
自分で物事を決められません。
 
結局、自分で決めたことで、
自分で責任をとることが怖い人たちは、
誰かに決めてもらうことによって、
責任を軽減しようとしてしまうのです。
 
では、これを乗り越えていくには、どうするか。
どうしたらいいのでしょうか
そもそも一発勝負で成功しようと思っていることが、
まちがいではないでしょうか。

相手選びに関しては、簡単に決められるものじゃありません。
だからこそ、いろいろ経験してみるしかない。

たとえ、失敗するとか、傷つくとか、うまくいかないとか、
苦い思いや、つらい思いをすることが
予測されたとしても、その経験はすべて意味があります。
その経験を通してしか学べないことがあります。
 
本当に、「この人」と分かる自分になるためには、
ありとあらゆる経験をするしかない。

楽して運命の人と出会おうとか、
悩むのも嫌だし、自分で決める自信もないし、
失敗するのも嫌だという人たち。

その結果、安易な解決策を求めて、
周囲や霊能者や占い師に相談している限り、
いつまで経っても、誰を用意されても、
あなたがこの人だと思うことはあり得ません。
もちろん、参考にするのは全く問題ありません。
 
自分で自分の責任をとることを
まずやり始めていくためには、
自分が望まない体験が起こったとしても、
それは一つの学びであり、経験であり、
知らなかったことを知って、
本当にあなたがこれだと思う人に出会うための
道のりでしかないと思って、
ぜひいろいろな人とかかわりをもってください。