「遊び」と「仕事」の違いは何だろうか?

(2011年04月13日)

子供のころ、仕事と宿題は、同じ意味でした。何かみえない
もの繋がれるような響き。 だから、宿題も、仕事も嫌いだった。

だから、社会人になったら、なるべく早く仕事をしなくて
済むようにしようと思った。
 
「いつかで自立する」 それが目標になった。
 
幸運に恵まれて、それは実現しました。
今は、自分の好きなことを仕事として続けています。
 
それは、自分のしたいこと(仕事)が一番楽しいと気づきました。
仕事が遊びの域に変わりました。
「遊び」は、飽きたり、面白く無くなれば、自らの判断で辞められる。
しかし、「仕事」は、お客さんから信頼されて任され事なので、
自分勝手には辞められません。

でも、「良い仕事」をすればするほど、お客さんから喜ばれ、
感謝され、さらに報酬まで頂けます。

本来、仕事は人に束縛されることでも何でも無く、
「自己満足だけの遊び」よりも、もっと楽しい事です。
 
それに引き換え、人生を楽しめない人というのは、本当は
やれば出来るのに、出来ない出来ないと、自分に「出来ない」を
いっぱいつくって 『出来ない名札』をつけている人なんだと。
 
自分も出来ない事があった時に出来ないと諦めてしまい、
『出来ない名札』を張って、他の人にその名札を堂々と
見せてしまっていたかもしれないと。。。

出来ないで終わらせるのは、その瞬間はラクだけど、
結果的に「仕事は楽しい!」というのをを味わえずに
終わってしまうのだと改めて気付かされました。

そう思えるようになった時から、
子供の時の無邪気に楽しく遊んだ感覚と同じになれました。
【仕事で遊ぶ】感覚こそが、楽しく幸せな人生にしてくれると 
それに気づいたことは、きっと、人生で一番良かったこと。
 
しょっちゅう失敗して、かっこ悪いなあと思うことも多いけど、
月曜日が楽しみって生き方は、ちょっとカッコイイなあと思います。