三方よしの考え方について

(2011年09月09日)

人は、絶対、一人では生きていけない。そして、誰かと一緒で
あれば、人生ははるかにちがうと思います。

食べたおにぎりも、飲んだコーヒーも、自分一人で全部は、
つくれません。

自分がたった一個のおにぎりを食べるために、どれだけ
たくさんの人が関わってくれているのだろう?

米を作る農家の人たち、お米を運んでくれる人たち、
お店に並べて売ってくれる人たち、そして、心を込めて
、にぎってくれた人。たくさんの人が関わってくれている。

世の中は、そんなことだらけです。
そして、継続的に成功し続けるビジネス(企業)には、
"三方良し"の考えが根底にあると思います。

自分だけでなく、取引相手だけでなく、お客さんもパートナーと
して捉えることで、 企業の社会的貢献性は各段に向上すると
思います。

そして、そのような企業は、社会から必要とされるからこそ、
継続することができるのではないでしょうか?

だから、自分は自分で、一生懸命に生きている気がするけれど、
いつも、だれかに、生かされていると思います。

だから、関わる人はすべて、パートナーではないでしょうか。

私も"三方良し"を実現できるように、これからも
全てのパートナーに感謝したいと思います。