最強の組織を構築する方法について

(2010年12月02日)

今日は、最強の組織を構築する方法について書いてみたいと思います。
 
私は、最近、クライアント様から【目標設定】と【達成シナリオ】について
ご相談を受けました。

マネージャーの方が、毎月チームの目標を達成するために、
チームメンバーに目標数字と目標達成までのシナリオを
個々に考えさせているようですが、結果が出ていないとのことでした。

その方は、非常にまじめなマネージャーなので、必死に
チームメンバーのモチベーションアップのために
声を掛けたりするなど、努力をしているのですが、
なかなか結果が出ないようでした。


では、チームが達成するためには、何が大切で何が必要なのか?


それは、マネージャー自身はもちろんですが、部下に対して
下記のことを理解してもらうことだと言われています。


1) チームは人の集まりではなく【考え方】の集まりであるということ

チーム(組織)は人の集まりと言われていますが、人はそれぞれ
受け止め方や解釈が違っているということを認識することが大切です。
だからこそ、部下には、チームは人の集まりではなく
【考え方】の集まりであると理解させることが重要になります。


2)わからない時には聞く責任を持つこと

部下は上司に対して「わかりません」という返答を数多くします。
しかし、部下にはわからないながらも、【他人の考えを理解する責任】と
【自分の考えを理解してもらう責任】を持たせることが重要なのです。



まずは、この2点を部下に理解・共感してもらうことです。
これができれば、チーム内での承認が増えてきます。
つまり、チームメンバー同士で、認識(考え方)の共有されるのです。


認識(考え方)が共有されることなしに、チームの目標や方向性に
向かって一丸となることはできません。
結果、チーム目標も達成できません。


皆さんのチームメンバーの間でも、まずは
 
1) チームは人の集まりではなく【考え方】の集まりであるということ
2)わからない時には聞く責任を持つこと
 
このの2点を
理解してもらうことを試してみてはいかがでしょうか?