素直であることに難しさと素晴らしさ

(2011年02月14日)

素直でいることは案外難しいんだなとつくづく思います。
正直と素直って似ているけどとても違うなのだなあと
最近特によく感じていたりしています。
 
今日は素直であることのむずかしさと素晴らしさについて
話をしたいと思います。
 
 
ある「成功し続けている」若手の新進気鋭の起業家さんにお会いしたときに
とても素直な方ですね
そして、何事にも熱心にかつ謙虚に耳を傾けていらっしゃいますね。
と話をしました。
そうしたら、その起業家さんは、当たり前のように
自分に関わるすべての人に「感謝」をしていて 
まだまだ勉強したい、と言っていました。 

成功していても傲慢にならずに、自分の知らないことを知ろうとする 
姿勢が、最高に素敵でかつ素晴らしい 
と思いました。
 

そしてそれは周りにも伝わったみたいです。 
その起業家さんよりずっと年上の人たちが口ぐちに
 
「彼のファンになった!」
「がんばってほしい!」
 
とエールを贈っていたのです。
 
その瞬間、私も常に素直でありたい。学ぶ心を忘れずにいよう、と
 
思いました。
 
素直であることは、周りにいる方々をもいい形巻き込むんですね。