「聴く」とは十四の心

(2011年02月23日)

コミュニケーションの基本は何でしょうか。
「話すこと」でしょうか。それとも「聴く」ことでしょうか。
 
   コミュニケーションの基本は「聴くこと」から始まります。
みなさんの中には、「話すこと」から始まると思っていらっしゃる
方が多いかと思います。しかし、実を言うとコニュニケーションでは
話すことより聴くことが非常に重要です。
 
今日は、コミュニケーションの基本である「聴く」ということについて
話をしたいと思います。
 
話すことに対するスキルを学ぶ場は、たくさんありますが
聴く力を養う場は、カウンセリングのスクール以外は、

あまりないように感じます。

しかし、カウンセラーにならなくても
一般の方にも非常に大切なスキルだと、私は感じています。
 しかし、私たちは「聴く」トレーニングを受ける機会がなかなかなく
無意識に「聴く」ことを行っています。
そのため対人関係、恋愛関係、ビジネス関係などで壁に
ぶつかったとしても「聴く」ことに問題が あると考える人は
あまりいません。

しかし、相手の話をただ聴いていれば良いというわけでは
ありません。
 正しい聴き方を身につけることができるのであれば、
より相手との信頼関係を深め、たくさんのことを聴き出すことができ、
その後に相手との良好な関係を築いていくことができます。

もしこの「聴く」ことに問題があり、「聴き方」を身につけることにより、
様々な人間関係が上手くいくようになったらいかがでしょうか? 
相手の話を「聴く」ということは、この「相手を承認する」という
行為になります。
 
そして、正しい聴き方を身につけてトレーニングすることにより、
相手の本音やニーズを深く理解し「あなたと 出会えて良かった」と
出会った人から言ってもらえるあなたにきっとなれます。
 
ちょっと話がそれましたが、まず、
「聞く」と「聴く」とはどのような違いがあるのでしょうか。
「聞く」というのは、「音として会話をきく」
「情報を耳に入れる」といった意味です。

「聴く」は、「耳を傾け、相手の心に寄り添いながらきく」
といった意味になります。
 
この「聴く」という
漢字を分解してみると、下記のようになります。 

耳 + 十 + 四 + 心
 
耳だけでなく、十四の心で聴こうという意味です 。
また「聴く」とは、耳に目と心を+しているから、
心をこめて、心の目で見て感じて聴くことが
非常に大切だと思います。

なんだか金八先生のような話になってきましたが、

ではここで、「十四の心」とはどんな心なのか
話をします。



1.「美」しい心で聴く

2.「新」しい心で聴く

3.「広」い心で聴く

4.「楽」しい心で聴く (きいて、たのしくなる)

5.「嬉」しい心で聴く (きいて、うれしくなる)

6.「面」白い心で聴く (きいて、おもしろさがわかる)

7.微「笑」みの心で聴く (きいて、ほほえましくなる)

8.素「晴」らしい心で聴く (きいて、すばらしさがわかる)

9.「悲」しい心を聴く (かなしみを共感する心できく)

10.「苦」しい心を聴く (苦しみを共感する心できく)

11.「愛」しい心で聴く

12.「労」わる心で聴く

13.「憂」う心で聴く

14.感「謝」する心で聴く
 

「聴く」は、耳・目・心を持って聴くとも言われます。
また、「聴」と言う字は
「徳を持って耳を傾ける」と言う意味でもあります。
 
 
相手の話をしっかりと傾聴するには
テクニックの前に、こういった心構えが大切なのですね。
正しい聴き方を身につけてトレーニングすることにより、相手の本音やニーズを深く理解し「あなたと
 出会えて良かった」と出会った人から言ってもらえるあなたにきっとなれます
話すことに対するスキルを学ぶ場はたくさんありますが

聴く力を養う場は、カウンセリングのスクール以外

あまりないように感じます。

しかし、カウンセラーにならなくても

一般の方にも非常に大切なスキルだと、私は感じています。



「聞く」というのは、「音として会話をきく」

「情報を耳に入れる」といった意味です。

「聴く」は、「耳を傾け、相手の心に寄り添いながらきく」

といった意味になります。



この「聴く」

漢字を分解してみると、下記のようになります。



耳 + 十 + 四 + 心



耳だけでなく、十四の心で聴こうという意味です。

ではここで、「十四の心」とはどんな心なのか

お伝えいたします。



1.「美」しい心で聴く

2.「新」しい心で聴く

3.「広」い心で聴く

4.「楽」しい心で聴く (きいて、たのしくなる)

5.「嬉」しい心で聴く (きいて、うれしくなる)

6.「面」白い心で聴く (きいて、おもしろさがわかる)

7.微「笑」みの心で聴く (きいて、ほほえましくなる)

8.素「晴」らしい心で聴く (きいて、すばらしさがわかる)

9.「悲」しい心を聴く (かなしみを共感する心できく)

10.「苦」しい心を聴く (苦しみを共感する心できく)

11.「愛」しい心で聴く

12.「労」わる心で聴く

13.「憂」う心で聴く

14.感「謝」する心で聴く



「聴く」は、耳・目・心を持って聴くとも言われます。

また、「聴」と言う字は

「徳を持って耳を傾ける」と言う意味でもあります。



相手の話をしっかりと傾聴するには

テクニックの前に、こういった心構えが大切なのですね。
話すことに対するスキルを学ぶ場はたくさんありますが

聴く力を養う場は、カウンセリングのスクール以外

あまりないように感じます。

しかし、カウンセラーにならなくても

一般の方にも非常に大切なスキルだと、私は感じています。



「聞く」というのは、「音として会話をきく」

「情報を耳に入れる」といった意味です。

「聴く」は、「耳を傾け、相手の心に寄り添いながらきく」

といった意味になります。



この「聴く」

漢字を分解してみると、下記のようになります。



耳 + 十 + 四 + 心



耳だけでなく、十四の心で聴こうという意味です。

ではここで、「十四の心」とはどんな心なのか

お伝えいたします。



1.「美」しい心で聴く

2.「新」しい心で聴く

3.「広」い心で聴く

4.「楽」しい心で聴く (きいて、たのしくなる)

5.「嬉」しい心で聴く (きいて、うれしくなる)

6.「面」白い心で聴く (きいて、おもしろさがわかる)

7.微「笑」みの心で聴く (きいて、ほほえましくなる)

8.素「晴」らしい心で聴く (きいて、すばらしさがわかる)

9.「悲」しい心を聴く (かなしみを共感する心できく)

10.「苦」しい心を聴く (苦しみを共感する心できく)

11.「愛」しい心で聴く

12.「労」わる心で聴く

13.「憂」う心で聴く

14.感「謝」する心で聴く



「聴く」は、耳・目・心を持って聴くとも言われます。

また、「聴」と言う字は

「徳を持って耳を傾ける」と言う意味でもあります。



相手の話をしっかりと傾聴するには

テクニックの前に、こういった心構えが大切なのですね。
話すことに対するスキルを学ぶ場はたくさんありますが

聴く力を養う場は、カウンセリングのスクール以外

あまりないように感じます。

しかし、カウンセラーにならなくても

一般の方にも非常に大切なスキルだと、私は感じています。



「聞く」というのは、「音として会話をきく」

「情報を耳に入れる」といった意味です。

「聴く」は、「耳を傾け、相手の心に寄り添いながらきく」

といった意味になります。



この「聴く」

漢字を分解してみると、下記のようになります。



耳 + 十 + 四 + 心



耳だけでなく、十四の心で聴こうという意味です。

ではここで、「十四の心」とはどんな心なのか

お伝えいたします。



1.「美」しい心で聴く

2.「新」しい心で聴く

3.「広」い心で聴く

4.「楽」しい心で聴く (きいて、たのしくなる)

5.「嬉」しい心で聴く (きいて、うれしくなる)

6.「面」白い心で聴く (きいて、おもしろさがわかる)

7.微「笑」みの心で聴く (きいて、ほほえましくなる)

8.素「晴」らしい心で聴く (きいて、すばらしさがわかる)

9.「悲」しい心を聴く (かなしみを共感する心できく)

10.「苦」しい心を聴く (苦しみを共感する心できく)

11.「愛」しい心で聴く

12.「労」わる心で聴く

13.「憂」う心で聴く

14.感「謝」する心で聴く



「聴く」は、耳・目・心を持って聴くとも言われます。

また、「聴」と言う字は

「徳を持って耳を傾ける」と言う意味でもあります。



相手の話をしっかりと傾聴するには

テクニックの前に、こういった心構えが大切なのですね。
話すことに対するスキルを学ぶ場はたくさんありますが

聴く力を養う場は、カウンセリングのスクール以外

あまりないように感じます。

しかし、カウンセラーにならなくても

一般の方にも非常に大切なスキルだと、私は感じています。



「聞く」というのは、「音として会話をきく」

「情報を耳に入れる」といった意味です。

「聴く」は、「耳を傾け、相手の心に寄り添いながらきく」

といった意味になります。



この「聴く」

漢字を分解してみると、下記のようになります。



耳 + 十 + 四 + 心



耳だけでなく、十四の心で聴こうという意味です。

ではここで、「十四の心」とはどんな心なのか

お伝えいたします。



1.「美」しい心で聴く

2.「新」しい心で聴く

3.「広」い心で聴く

4.「楽」しい心で聴く (きいて、たのしくなる)

5.「嬉」しい心で聴く (きいて、うれしくなる)

6.「面」白い心で聴く (きいて、おもしろさがわかる)

7.微「笑」みの心で聴く (きいて、ほほえましくなる)

8.素「晴」らしい心で聴く (きいて、すばらしさがわかる)

9.「悲」しい心を聴く (かなしみを共感する心できく)

10.「苦」しい心を聴く (苦しみを共感する心できく)

11.「愛」しい心で聴く

12.「労」わる心で聴く

13.「憂」う心で聴く

14.感「謝」する心で聴く



「聴く」は、耳・目・心を持って聴くとも言われます。

また、「聴」と言う字は

「徳を持って耳を傾ける」と言う意味でもあります。



相手の話をしっかりと傾聴するには

テクニックの前に、こういった心構えが大切なのですね。
話すことに対するスキルを学ぶ場はたくさんありますが

聴く力を養う場は、カウンセリングのスクール以外

あまりないように感じます。

しかし、カウンセラーにならなくても

一般の方にも非常に大切なスキルだと、私は感じています。



「聞く」というのは、「音として会話をきく」

「情報を耳に入れる」といった意味です。

「聴く」は、「耳を傾け、相手の心に寄り添いながらきく」

といった意味になります。



この「聴く」

漢字を分解してみると、下記のようになります。



耳 + 十 + 四 + 心



耳だけでなく、十四の心で聴こうという意味です。

ではここで、「十四の心」とはどんな心なのか

お伝えいたします。



1.「美」しい心で聴く

2.「新」しい心で聴く

3.「広」い心で聴く

4.「楽」しい心で聴く (きいて、たのしくなる)

5.「嬉」しい心で聴く (きいて、うれしくなる)

6.「面」白い心で聴く (きいて、おもしろさがわかる)

7.微「笑」みの心で聴く (きいて、ほほえましくなる)

8.素「晴」らしい心で聴く (きいて、すばらしさがわかる)

9.「悲」しい心を聴く (かなしみを共感する心できく)

10.「苦」しい心を聴く (苦しみを共感する心できく)

11.「愛」しい心で聴く

12.「労」わる心で聴く

13.「憂」う心で聴く

14.感「謝」する心で聴く



「聴く」は、耳・目・心を持って聴くとも言われます。

また、「聴」と言う字は

「徳を持って耳を傾ける」と言う意味でもあります。



相手の話をしっかりと傾聴するには

テクニックの前に、こういった心構えが大切なのですね。