自分がこの人と決めた時

(2011年02月26日)

私たちが求めているもののなかに出会いがあります。
出会う相手は恋人、結婚相手、ビジネスパートナー、
友人、師匠、先輩、後輩などいろいろあります。

いろんな人との出会いがあり、
私たちの人生はその出会いによって大きく
変わっていったり、
その出会いによって、大きく学ばせてもらったり
することがあります。
 
今日は自分がこの人と決めた時という題で、
話をしたいと思います。

自分に必要な出会いを引き寄せたいと
思われる方は多いと思いますが、
最初にしなければならないのは、
あなたはどんな相手と巡り合いたいと
思っているかを明確にすることです。

それは、たとえば
恋人がほしいのか、
一生生活や運命を共にしていく伴侶がほしいのか。
信頼できる仕事を一緒に任せてやれる人がほしいのか、
ふつうにお天気会話ができる、遊び友達がほしいのか。

あなたが望んでいるものは何かをまず明確に
しなければ、来るものも来ません。

たまに行う、心理カウンセリング相談で
「結婚したいんですよね」という質問をよくされます。

そこで、「どんな人が良いですか」と聞くと、
「誰でもいい」とか「気が合う人がいい」とか。
気が合うとは、具体的にどういうことなのか尋ねても、
意外と答えられない。

ということは、運命の人がもし目の前にいたとしても、
気付くことができないということになってしまいます。
まずは自分がどんな人間関係やどんな相手を
求めているのかを
明確にすることをやり始めてみましょう。

そして、1番良くないのは他人に決めてもらう姿勢です。
占いや運勢を頼りにしたり。
参考にするのは良いですが、
未来は誰かに決めてもらうものではありません。

未来は自分で選ぶ、自分で決めると決めた時に
初めて出会いのスタート地点に立つということを
理解しましょう。