自分自身を開示する勇気について

(2011年03月09日)

先日、悩んでいる人の集まりがありましたので参加しました。
今日はその集まりであったことについて、話をします。

その中で、ある方が、こんな悩みを打ち明けてくれました。

 
「わたしは、確かに第一印象が良いみたいで、すぐに仲良く
なる人も いるんだけど、それから少しずつ、少しずつ
 距離ができてしまってしまい、最終的には疎遠になっちゃって。。。」

そのとき、参加者からは

わかる~
 
という理解の頷きや、同意がとても多いのが印象に残りました。
 
そこで彼女はどのような対策をとったのでしょうか
 
彼女は、対策としてなるべくはじめから良い顔をするのは
やめようって思って今は行動しているということでした。
 
なるほど~
確かにそうです。私も同じようなことがよくあります。
 

四方八方に良い顔をしていると疲れてしまいます。
多少、そっけない人くらいに思ってもらったほうが 楽かもしれない 

そんな風にしたら以前よりも疲れなくなったそうです。 
 
私の身の回りには、私のことを、
ほんわかあったかな ごやか、何でも受け止めてくれる人と
思ってくれる人が結構います。


確かにそれは嬉しいのですが、実際には24時間
誰に対してもそのような対応はできません。
 

人と接する時、HPのコラムやブログで自分を表現する時には、
無意識に見えない鉄仮面をかぶっています。
キン肉マンに出てくるロビンマスクみたいに。

 
私もそれで、疲れたことが、過去にはよくありました。


この頃は、長い付き合いの人に対しては、自分の悪いところ
好きじゃないところも、隠さず自分から言うようにしています。


そのように心がけたら、以前にもまして良好な関係を築ける
ように なりました。


自分の悪いと思っている部分も出しちゃって接する。
なかなか難しいことではありますが、また勇気が入りますが

それも大事だなあと思いました。