第一印象はまず自分のために

(2011年04月05日)

みなさんは、ビジネス交流会やセミナーなどに参加することは
ありませんか。
私は、交流会などというと、人に出会う場所というイメージが
強く 中には、第一印象作りを大切にされる方も、とても
多いのではないでしょうか。
 
第一印象と言うと「相手から見た自分」と考える人が多いと
思いますが、実は、「相手のため」だけではありません。
第一印象はまず「自分のため」にあるものなのです。
 
外見を作り上げたときに、まず最初に、誰がその姿を
見るかというと 、実を言うと他人ではない自分です。
 
言い換えれば、その作り上げた自分を見ることで、
自分のセルフイメージが決まります。
 
例えば「センスが良いな」「かっこ良いな」「かわいいな」など思えば
自分自身=センスが良い、かっこ良い、かわいい
というセルフイメージが出来上がります。
 
人は毎日、毎日、自分自身の潜在意識の中に
自分のセルフイメージを刷り込んでいます。 

自分を「かっこ悪い」「かわいくない」と思う数が多いのか
 「かっこ良い」「かわいい」と思う数が多いのかで
自分への評価が低くなるか、高くなるかが変わってきます。
 
自分の評価が低ければ、自分に対する自信がなくなり、
何をやってもうまくいかないという負のスパイラルにはまります。
 
その一方で、自分の評価が高ければ自信もつき、
何をやってもうまくいくという 良いスパイラルに入ることが
できます。
 
どんなに、成功したい、良い人にめぐり合いたい、
良いパートナーシップを築きたい、と思っていても
悪いセルフイメージを持っていて、自己評価が低いと
なかなか思うようにいかなくなります。
 
それぐらい、良いセルフイメージを持つことは
より良い人生にしていくために大切なことなのです。
 
まず自分のために、「自分って良いな」「自分って素敵だな」
「こんな自分好きだな」という第一印象を作り上げて、
良いセルフイメージを潜在意識に作りあげることにより
自分にとって本当に良い出会いを引き寄せてください。