人を大事にする人が、一番大事にしていない人とは

(2011年06月01日)

今日は、「人を大事にする人が、一番大事にしていない人とは?」
ということについて話をします。

人を大事にする人は、だれに対しても理解を示し、その人の
立場を考えつつ、行動していきます。 

でも、そういう人に限って、大事にしないで、
いつもあと回しにしてしまう人がいます。

それは、何を隠そう「自分自身」です。 

自分自身というのは、世界で一番、一緒にいる時間が長く、
だれよりも身近な人です。

人のことを大事にするときに、真っ先に大事にする必要が
あるのが、実は自分自身なんです。 

でも、普段、そこに気づけないことがよくあります。
それは、「サイン」を見逃してしまっているときです。 

自分をあと回しにして、大事にしていないサインとして、
このようなことがあります。

・日々、楽しみを感じていない。またはあと回しにしている。
・自己犠牲で何かをしている。
・義務感から何かをしている。
・遊んだり、好きなことをするのに罪悪感がある。
・人が好きなことをやっているのを見て、イラッとしてしまう。
・疲れているのに、無理にやる気を出して、がんばっている。 

これらは私自身も、何度も感じたことがあることです。

たとえ、仕事で結果を出していたとしても、
自分を大事にしないで出した結果は、長くは続きません。
私は、FPとしてプランニングということをお伝えするときに、
自分の生き方を大事にしているかということもお伝えします。

自分がイキイキと楽しんでいなければ、結果もなかなか
出し続けられません。
その結果、自分もどんどんつらくなっていきます。 

もし子供がつらそうに、「僕のことはいいから楽しんで・・」
って言っていたら、周りの人も楽しめませんよね(笑) 

いつも、「いま、自分を大事にしているかな?」
ということに、絶えず気を配り、
自分自身の心や身体の声に気づいてあげてくださいね。

昔から「ご自愛」ください。とよく言いますから。 

だれよりも自分を優先するように意識すると、仕事も人生も、
必ずハッピーになっていきますよ。

それが、周りの人のためにもなりますから