自分の殻を破る

(2010年09月23日)

変わりたいのに、変われないという時は、
だいたい変わることへの不安や抵抗が心のどこかにある時です。
“今までの自分が安心で、安全”
これが深層心理なんですね。

なかなか自分の内面を変えるのが難しい時は
外面から変えていくことをお勧めしています。
なぜかと言うと、
日頃手にしないような色やデザインを一つ手にしてみることは
これだけでもかなり勇気が必要なチャレンジだからです。
こういった色や形から変えていくことによって、
心の抵抗が少しずつ溶けてくるということが実際にあるのです。

今まで黒、白、グレー、茶色といった色しか
着たことがないという人は
スカーフをライトブルーやオレンジにしてみるとか、
インナーのTシャツをピンクにしてみるとか。
そんなことからでもいいのです。

大事なことは自分のなかで、
“小さなチャレンジ”と“冒険”をすることです。
これが1歩になります。

もし自分を変えることができないという方は、
アドバイザーについてもらうことをお勧めします。
人が似合うというものを素直に受け取ってみると、
変化をしていくことができます。

磯脇FP事務所では一般の方でも提案していただける
パーソナルカラースタイリストを紹介
していますので、興味のある方は、ご相談ください。

服装や選ぶ色に、その人の固定観念が出てきます。
変身する勇気というのは、
自分の中の固定観念をはずすところから始まるので、
外面から変えていくことによって、内面の変化も連動して起こってきます。