背骨について

(2011年07月12日)

繰り返される心の状態は、
必ず体の決まった場所に不調として出てきます。
今日は背骨にどのような影響を与えるかについて話をします。
 
背骨は、過去に許せない人をずっと持ち続けていると、
悪くなります。

そういわれても、簡単には許せないかもしれません。

その相手は、あなたに理不尽なことをした人かもしれない。

けれど、背骨の病気は、最悪の場合、自分の中心に響くような
大きな病気になってしまうので、できれば病みたくないですよね。
 
みなさんにとって、仮につらい結末であっても、
相手の人も自分が正しいと思うことをただ主張して行動しただけで、
それが、たまたまあなたにとって都合の悪いことになったのだと
理解してください。

反対に、自分も「こうしたい」と思って動いたりやったりしたことが、
意図とは関係なく、誰かを傷つけていたり、場合によっては、
誰かに大変な被害をこうむらせてしまう可能性は誰もが持っています。

まず自分が許せないと思っているその人を、仕方がないと
許せたのであれば、結局自分が解放されることになります。
許せない人を持っている限りは自分が解放されません。

その人は、ただ言っただけ、行動しただけ。
精一杯、その人は自分の正しさを主張しただけ。

それに影響を受けただけなんだと、シンプルに思えて、
その人のことを許せないという気持ちが緩むのであれば、
それはあなたがほどけていくことになり、
あなたが解放され、自由になっていくことになります。

何かにとらわれていると、前に進めません。
そんな時ほど、新しい未来に焦点を当て、今を精一杯生きましょう。