「好き」パワーを維持する方法

(2010年10月09日)

以前、大好きなものがもたらす
「好き」パワーの効果についてお伝えしました。

大好きなものに囲まれていると、
快楽ホルモンがたくさん分泌されます。
この快楽ホルモンは、おいしいものを食べている時や
楽しいことをしている時、性欲を満たしている時でも
分泌されてきます。

人間の体はすごくよくできていて、
簡単なものでも快楽ホルモンを出すことができますが、
実はこれはやがて満腹感や満足感を覚えるようになり、
もういらない、これ以上見たくないという
拒絶反応のような気分が起こってきたりもします。

これは快楽ホルモンの量が一定のレベルを超えると、
拮抗(きっこう)ホルモンが出て、
快楽ホルモンの分泌にブレーキをかけてしまうためです。
食べたり、楽しいことをしたりしている時や
性欲を満たしている時に大きな効果が得られないだけでなく、
効果が長く続かないのは、拮抗ホルモンが出るからといわれています。

ところが、愛や感謝など精神的な満足が引き金になって
快楽ホルモンが出てくる時は違います。
誰かをすごく尊敬したり、好きになったり、
誰かに感謝したり、感謝されたりする時は、
脳は快楽ホルモンのシャワーを浴びている状態になります。

愛や感謝が大きくなればなるほど、
幸福感や大きな快感を得られるようになります。
これは長続きするんです。

このホルモンがずっと出続けると、
脳を絶好調にするので、
あなたはどんどん良い状態になっていき、
健康になり、オーラが出てきて人に愛されたりだとか、
人に思いを掛けてもらえたりだとか、
もっと大きな幸せの一歩を歩きだすことになります。

これこそ「好き」パワーの効果を維持していく方法です。
オーラのある人になりましょう。
仕事もうまくいったり、お金が入ってきたり、
チャンスが来たりします。
精神的な満足は、「好き」パワーの効果を維持するカギなのです。