鎖骨について

(2011年08月13日)

めったに折れたり、ケガしたりしない鎖骨。
この鎖骨に何かが起きるという人は、何に気づいたらいいの
でしょうか。今日はそのことについて、話をします。

それは、現実から逃げたいと思っている気持ちです。

目の前にある現実に立ち向かえないとか、
現実から逃げ出したいという気持ちになることってあります。
しかし、あまりにもその頻度が多く、たまってくると、
鎖骨にケガをしたり、鎖骨の辺りにあるリンパが滞ったりと、
不調和が生じます。

ちょっと考えてみてください。
逃げても、逃げ切れるのでしょうか?

実は、逃げても同じようなことが大きくなり、やってきます。
逃げ出したものは何かを知ることが大切です。

それは、自分の前にある壁です。
その壁を1回避けても、また前に進むとその壁がある。
逃げていると、壁はどんどん大きくなってきます。

目の前に逃げたい現実があるとか、
もう苦しくて取り組みたくないものがある時、
どうすればいいのでしょうか。
成長していくためのチャンスだと思うしかないのです。

逃げてもまた壁はやってくるから、
これを乗り越えたら、もうその壁は二度と来ないと思うこと。
もしくは、同じ問題が来ても乗り越えるすべを知っているので、
問題ではなくなるということです。

人間は成長するために目の前の障害物競争に参加している
のだと思って、今までのやり方から脱却し、楽しんで取り組んで
いくことも大切です。

今、やれること、できること、やるべきことなど、行動に焦点を
当てる。
気持ちに焦点を当てない。

感情や気持ちを脇に置いて、やれることをただやっていくと
いうふうにすれば、現実を進めていくことはできます。
止めているのは感情です。
ぜひ取り組んでみてください。