お客様ではなくファンを作る

(2011年08月26日)

営業活動をして、まだ何も分かってなかったころ、私に対して
温かく応援してくれた人たち・ ちゃんと叱ってくれた人たち
それらはすべて、お客さんでした。

お客様の要望に応えるには、一生懸命やるしかなかった。
ただ、ただ、一生懸命に打ち込むしかなかった。

ちょっとかっこわるいけど、そうやって育てられた。

先輩からは、
「儲かんねぇことを一生懸命やってんなぁ」って、
何度言われたことか・・・

も、その時の眼は、とても温かかったです。

お客様を超えた、ファンがいること。そのファンがたくさんいると、
本当によいことづくめです。
 
まず最初に、ファンは高い確率で、リピーターになってくれます。
次に、リピーターが多いことは、広告宣伝費の抑制に繋がります。
さらに、ファンは周囲の人に“ おすすめ ”をしてくれます。
身近な人の口コミは、購入決定プロセスの中で強力な要素です。
 
ファンをつくり、増やすには、日々の地道な活動しかないと思います。
何がきっかけでファンになっていただけるか、分かりません!
 
そして、何よりも私たちの周りにファンがいてくれるおかげで、
私たちは日々成長できるのだと思います。

なぜなら私たちはファンから、多くのことを教わり、学ばせて
いただいているからです。

私たちとファンの方たちは、お互いがスキ同士なので長い
付き合いになると思います。

その長い付き合いの中で、ファンから頂いた声に答えることが、
私たち自身の成長に繋がっていくのではないかと思います。
 
それ以上の成功の秘訣って、あるのかな?