人はそのことでどのように感じたか

(2011年10月11日)

「私は、次のことを学びました。
 人はあなたが言ったことを忘れる
 人はあなたがやったことを忘れる
  しかし、人はそのことでどのように感じたかは決して忘れない」

 マヤ・アンジェロウ
 
いい言葉です。
私たちが体験したこと、経験したことで、記憶に残るものって
感情がセットになっています。
例えば、あのとき、悲しかった、あのとき、楽しかった、、
なんて言う感じにです。

逆にいうと、感情が動いていなときの記憶は消えていきます。
こころで感じたことは忘れないんですね。
 これは、アンジェロウの言う通り、人に何か伝えるときは、
何かをするときには、こころに通じるように言ったり、やったり
した方がいいということです。

頭だけで、論理だけで伝えると、頭にしか残りません。
こころで、こころに伝えれば、こころに残り、長く残ります。
こころに止めておきたいことですね!