ほんとうに子育てが必要な時期について

(2010年11月24日)

 私の友人が、先日、区で主催している子育て講座に
 参加した際に興味深い話を聴くことができたことを
 私に話してくれました。
 私にも非常に興味深い話でしたので紹介したいと思います。


 引用開始
 子育てというと、乳児期、幼児期だけのものだと
 お考えになる方がほとんどのようです。

 ところがそうではないといいます。

 ほんとうに子育てが必要な時期は
 9歳から10歳からだとその先生は強調されていたということでした。

 実は、子どもの脳はちょうど9歳から10歳の頃に完成していきます。

 ちょうど年を数える時に
 「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」・・・って言いますが、

 その「・・つ」と数えるまではまだ脳も考え方も子供といえます。


 しかし、10歳になると「・・つ」と言いません。「とう」です。
 「・・つ」を超えるとそろそろ脳が完成していく過程になります。

 そしてこの頃にこれまで10年間かけて
 自分が集めてきた情報と照らし合わせて自分なりの判断をしたりします。

 そのため、9歳から10歳になると
 親の言うことを聞かなくなったり反抗したりする子が増えてくるのだとか。

 興味深いですね。


 よくよく考えてみると乳児期や幼児期は一生懸命、子育てをします。
 まだ子どもが小さいからというのもありますが。

 しかし、ちょうど9歳から10歳というのは、
 あまり以前に比べて手がかからなくなる時期でもあるため、
 
 ちょっと安心してしまい、
 これまでのように一生懸命にならなくなる傾向があります。


 子育てのほんとうに大切な時期について、
 ある意味終わりがない・・・

 なんだか人生も同じだなと・・・
 
 学び続ける習慣がなくなると、そこで成長がストップしてしまいます。

 引用終了

 日々、学び続ける重要性。
 今回のこの話を聞いていろいろな視点から 自分を見つめ直すことができました。