目標はあった方が良いのでしょうか?

(2010年12月12日)

今日は、目標はあった方が良いのかということについて
話をしてみたいと思います。
みなさんは、目標を持つということを悪く思っていらっしゃるかた
いませんか。
 
できない目標とか、プレッシャーを与えられて思うように行動できない
とかおもったりしませんか?
 
では、反対に「目標がなかったらどうなるか?」ということは
考えてみたことありますか
 
そこで、「目標がなかったらどうなるか?」
と考えまてみましょう。

目標がないと、次のような状態になります。

1)目標がないと、具体的なプランが作れない。
   具体的プランがないと、日々を無駄に過ごしがちに
   なります。1年後の人生は何も変わっていないでしょう。

2)目標がないと、行動の優先順位がつけられない。
   やるべきこと、やりたいことは、沢山あるでしょう。
   目標がないと、その優先順位をつける基準がないので、
   簡単なことや、意味のないことばかりをしがちです。

反対に、目標を持つことによって、
具体的プランが作りやすくなり、行動の優先順位が明確になります。
すると、行動することが簡単になり、目標に近づきます。
 
今年もあと少しとなりました。
来年はどんなことをやってみようとかありますか?
 
何か目標をもってみると、具体的プランが作りやすくなったり、
行動の優先順位が明確になるというメリットもあります。
 
来年に向けて何か目標を考えてみたらいかがでしょうか?