胃について

(2010年12月12日)

12月に入り、クリスマスや忘年会と、
スケジュールが埋まっていく月になってきました。

楽しい時期でもあり、忙しい時期でもあります。
そんな時ほど、少し自分一人になって、
自分を感じる時間をとってみる。

そうすると、落ち着きが戻り、
忙しさに飲み込まれなくなります。
 

今日は胃について話をしてみたいと思います。

胃が弱い人は、よく話題になるので
知っている方も多いと思いますが、
イライラという感情をため続けてしまうと、
胃にきやすいということがあります。
胃は不愉快な感情の未消化から、不調を来たします。

自分がイライラしていること、
不愉快になっていることに、まず気づいてください。

気がつかないと、
長い間イライラし続けてしまうので、
結局たまっていきます。

不愉快になる元は、
自分のやりかた、自分の正しさの持ちすぎ。
相手のやり方、正しさも理解してみましょう。

自分と同じように、
相手にもわかってほしい正しさがあるんですよね。
不愉快になり続けているより、相手と自分自身とも和解策を
見つけるほうがよいかもしれません。

12月は暴飲暴食しやすい季節です。
暴飲暴食をして胃が壊れると言われていますが、
不愉快なことを発散しながら飲まなければ、大丈夫です。

忙しさとか、年末の状況など、イライラ不愉快が募っていて、
胃が弱っているところに重ねて暴飲暴食をし、
胃の病気を起こすので、
病気になる前に、心の状態を穏やかにしましょう。