鼻について

(2011年01月18日)

今日は、ちょっと鼻について話をしたいと思います。
鼻の調子が悪くなる時というのは
自分の評価が気になるという思いが過ぎる時。

また、鼻でも奥の副鼻腔(ふくびこう)が
悪くなってくるのは、
人に対するあきらめの気持ちが過ぎている時。

人に対してちゃんと伝えようとせずに、
「どうせ言うてもあかん」といった
投げやりな気持ちになったり、
あきらめて手を抜いたりしていると、
副鼻腔の調子が悪くなります。

とことんやってダメであきらめるのと、
投げやりであきらめるのは、意味が違う。
あきらめも必要なんだけど、
とことんていねいに、手抜きをしない。
とことんやってダメだと分かった時にあきらめる。

そこまでやらずに、あきらめている人は副鼻腔が、
いつも人の評価が気になる人は鼻の調子が、
悪くなります。

皆さん、自分に気づき、
ご機嫌に生きられるようになるヒントにしてください。