記事になりました

(2011年05月02日)

このたび、日本FP協会の月刊誌FPジャーナル2011年5月号の
会員投稿コーナーの記事に取り上げられました。
 
決算書に対して、みなさんはどんなイメージを持たれていますか? 
「自分の仕事とは関係ない」という方、「株や投資に興味ないから、
決算書が読めなくたって……」という方、おそらくは、難しいものと
考えられているのではないかと思います。
 
最近、会計の世界では、国際財務報告基準の導入について
議論されています。
 
国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards、IFRS)は、
国際的に適用される高品質で単一の会計基準を目標として、
国際会計基準審議会(International Accounting Standards Board、IASB)等
により設定される会計基準の総称です。
 
IFRSを自国の会計基準として適用している国および適用
することを認めている国はすでに120ヶ国に及んでいます。
G20ではオーストラリア、ブラジル、中国、EU各国、南アフリカ、
トルコなどがすでにIFRSを適用しており、これに続き2011年
にはカナダ、インド及び韓国、さらに2012年にはアルゼンチン及び
メキシコなどが適用を開始する予定です。IFRSの適用に向けて現在
準備段階にある他の国々もそれぞれにスケジュールを公表し取組みを
行っています。
 
簡単に書いてあります。
 
一度お読みになっていただけたら幸いです。