地デジ化はお済みでしょうか?

(2011年06月20日)

皆さんの家では地デジ化はお済みでしょうか?

10年前の2001年7月25日に、アナログ放送を終了すると
いうアナウンスがされました。
 今年の7月24日(日)の正午をもってアナログ放送は中止です。
そして、東名阪ではデジタル放送が2003年に開始しました。

つまり、現在はアナログ放送とデジタル放送が混在していますが、
アナログ放送は東北3県を除き終了となります。
東京にお住まいの方は、東京タワーの260mから地上デジタルの
電波が出ています。

今までは東京ではVHF(Very High Frequency)帯だった
のですが、デジタルになり、UHF(Ultra High Frequncy)帯と
なります。

西東京にお住まいの方は、自宅と東京タワーの中間に
六本木ヒルズがあり、電波障害が発生していました。
アナログ放送では、六本木ヒルズの責任において対策
(電波の再送信)がなされましたが、デジタルにおいては
その責任はないとされています。

地デジ(UHF)では、現在東京タワーから放送されていますが、
2012年に、東京スカイツリータワーの600mから放送されますので、
ほとんどの電波障害の問題が解決されるはずです。
しかし、例外はあります。

地デジ化するにはいろいろな方法があります。
一般的には

1)UHFアンテナ+デジタルテレビ(地デジ対応)

です。ただし、古い家では、アンテナからのケーブルは3Cになってい
る可能性が高く、4Cや5Cに変えた方が無難です。

もっと安くすませるためには、

2)UHFアンテナ+デジタルチューナー+アナログテレビ

となります。もちろん、デジタルチューナーを内蔵しているレコーダ
ー(録画機)でも問題ありません。ケーブルは1同様に4Cや5Cにして
下さい。

東京タワーから40km以上離れてくると電波も弱電界となります。
そのためくぼ地やビル陰では電波障害が起りやすくなります。

そのような地域では、ケーブルテレビが宜しいですが、毎月
使用料がかかります。

3)ケーブルテレビ

集合住宅(マンション、アパート)では、ビルごとケーブルテレビに
する方法が宜しいでしょう。

しかし、ケーブルテレビが自宅にまでケーブルを敷いてくれない地区
であれば、

4)BS放送

という手があります。これも毎月使用料がかかります。

あるいは、既にNTTの光が入っているのであれば、毎月683円を
払えば、インターネット経由で地デジを見ることができます。

5)NTTフレッツテレビ(光)

アナログ放送もあと1ヶ月ちょっとです。地デジ化がまだの人は
是非対応して下さい。