このイベントに相談員として参加します

(2011年08月02日)

 

 
被災された東北の皆さんを応援させて頂くプロジェクト
「Pride of JAPAN  思いを一つに」
「東北の皆さんが、国難とも言われる有事に示してくださった『日本人の精神性の高さ』、具体的には、我慢強く秩序だった行動に、私達日本人の多くは大変勇気づけられ、日本人の誇りだと感じました。それに感謝し、各自がそれぞれの専門分野や強みを活かして、自己の最善を尽くして応援させて頂きたい。立ち上がる後押しをさせて頂きたい」
「また、平時から『日本人の精神性の高さ』が発現できるように発信していきたい。今回、縁があり、石巻から東北復興を応援させて頂きたいと思います。皆さまご支援の程、よろしくお願い申し上げます。              実行委員会代表 雑賀日出夫(h.saika@r4.dion.ne.jp
************************************************************************
【日【日程】 2011年8月20日(土)13:00~21日(日)17:00の2日間、19日(金)は準備。
【主【主催・共催】 「Pride of JAPAN~思いを一つに」実行委員会・石巻専修大学       
【後援】 河北新報社、一般社団法人日本家庭教育協会、学校法人専修大学、文京学院大学
【場所】 石巻専修大学 森口記念館及び4号館・5号館の教室
【規模】 5月より毎月現地入りし、地元の皆さんと一緒に創り上げるイメージ。実行委員(地元も含む)130名と被災された地域の皆さん。2日間でのべ1,000名規模を想定。
【内【内容】 若手実力派「立川談修の落語」、今秋NHKで自伝がドラマ化される「辻由紀子のメッセージ」
東洋思想研究家「田口佳史の基調講演」、闘病中である「小川マキのテーマソングライブ」   
五輪マラソン代表「川嶋伸次の狭いスペースでの運動」、龍馬プロジェクト政治家の熱い演説!
文京学院大学吹奏楽部の演奏、学生と20代100名による応援パフォーマンス          
新進気鋭の俳優「横田真吾プロデュースによる軽演劇とミュージカル」、地元名産品の販売
弁護士やFP等の実務相談、教員と大学生による本の読み聞かせ・宿題や勉強のお手伝い            
 
【お【お願い】当日ご参加を希望される方、本プロジェクトに寄付金等でご支援を頂ける方は、事務局までメールを頂きますようお願い申し上げます。    poj.info@gmail.com            以上
 
1、笑いと感動で、皆さんが立ち上がる後押し!
「落語の笑い・ライブの感動・走る楽しみ」
◆若手実力派の落語家、立川談修の落語で思いっきり笑って頂きます。◆また、難病と闘いながらプロジェクトの趣旨に賛同し、プロジェクトのテーマソング「きずな」を作ってくださった小川マキのライブ。◆シドニー五輪マラソン代表の川嶋伸次の「楽しいジョギング教室と限られたスペースでの運動」等盛りだくさんの内容です。
2、実務相談や心の相談で、皆さんが立ち上がる後押し!
「弁護士・FP・カウンセラー等専門家の相談」
◆弁護士や税理士、FP、カウンセラーなど専門家が、実務面・精神面の相談に乗ります。「心を癒す場」を合言葉に、誠心誠意お話をお聴きします。不安な点や悩みは、この機会に相談してください!
3、小学生や中学生、高校生の皆さんも立ち上がる後押し!
「読み聞かせ・宿題や受験のお助け」
◆石巻専大生はもちろん、関西・関東・福島から大学生や20代の社会人が、70人規模で現地入りします。図書は、趣旨に賛同された方々が送ってくださいました。小学生の皆さん、本の読み聞かせはいかがですか?中学生や高校生の皆さん、残っている宿題や受験勉強を強力にサポートしますよ!
4、小学生~大学生まで皆さん、演劇参加者大募集です!
「感動のフィナーレ『思いを一つに』を一緒に」
◆つかこうへいに最後に見出された俳優横田真吾が、趣旨に賛同し仲間を連れて現地入りします。20日にワークショップを行い、21日最後を飾る演劇「思いを一つに」を地元もの皆さんと形にします。地元の小学生から大学生の皆さん、是非ご参加ください。◆また、100名限定で実行委員から応援レターをプレゼント。このプロジェクト期間中だけでなく、終了後もやりとりを行いませんか!?