インフルエンザにご用心

(2012年01月25日)

インフルエンザがじわじわと流行の兆しを見せています。国立感染研究所に
よる定点観測によりますと、現時点では、まだ警報レベルの地域はないようで
すが、全国約5,000のインフルエンザ定点あたりの直近の報告数が1.11(患者報
告数5,447)と、全国的な流行開始の指標である1.00を上回りました。これから
年末に入り、医療機関もお休みとなってしまいますので、注意していただきた
いと思います。

 「インフルエンザ(influenza)」とは、インフルエンザウイルスを病原とす
る気道感染症です。流行が周期的に現われるところから、16世紀のイタリアの
占星家たちはこれを星や寒気の影響(influence)によるものと考え、これがイ
ンフルエンザの語源となったそうです。古代エジプト、ギリシャ、ローマ時代
の文献にインフルエンザではないかとみられる記述が残っていて、未だ人類に
残されている、最大級の疫病といえます。

 インフルエンザの予防法は、・羨・ぢ流行前のワクチン接種、・羨・ぢ外出後のうがい・
手洗い、・羨・ぢ適度な湿度の保持、・羨・ぢ十分な休養とバランスのとれた栄養摂取、
$A"]人混みや繁華街への外出を控える、・羨・ぢマスクの着用などです。

 普段から忙しく働き、また責任のあるポジションにいる人ですと、軽症で仕
事を休むわけにはいかないという気持ちと重なり、高熱で苦しくなるまで病院
に行かないという方も多いのではないでしょうか。そうなってからでは、根本
的な治療は間に合わなくなり、かえって長期間、寝込むことになってしまうか
もしれません。インフルエンザかな? と思ったら、早めに医療機関に受診し、
十分な睡眠と栄養をとるのが良いでしょう。

 個人的な話で恐縮ですが、以前勤めていた会社で、インフルエンザの病み上
がりの人(マスク着用)と同じテーブルで作業をしていた全員が同時に倒れ、何
日も仕事を休んでしまったという経験があります。業務に支障を来さないため
にも、罹ってしまったら、きっちり休んできっちり直すことが肝要です。
 
出典元:(株)実務経営サービス